スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収容所(ラーゲリ)から来た遺書

今日のおすすめは、辺見じゅん『収容所から来た遺書』(文春文庫)です。
敗戦後、ソ連の俘虜となり、さらには戦犯とされて
9年のシベリア抑留の末に病死した山本幡男氏の遺書が
遺族に届けられるまでを描いています。

大学でロシア語を学び、ロシア贔屓であった山本氏は
ソ連の国内法で不当に戦犯とされた他の同胞とともに、
過酷な労働を強いられます。
誰もが打ちひしがれる中で、山本氏は国際情勢の把握に努め、
傍ら句会を始めます。
それは「ぼくたちはみんなで帰国するのです。その日まで
美しい日本語を忘れぬようにしたい」という気持ちからでした。

どんなときにも希望を失わず最後まで皆を励まし続けた氏の遺書は
仲間たちの必死の努力によって家族のもとに届けられました。

その中で、子どもたちに向けては
「日本民族こそは将来、東洋、西洋の文化を融合する唯一の媒介者、
東洋のすぐれたる道義の文化--人道主義を以て世界文化再建に寄与し得る
唯一の民族である。この歴史的使命を忘れてはならぬ。
また、君達はどんなに辛い日があろうとも、人類の文化創造に参加し、
人類の幸福を増進するという進歩的な思想を忘れてはならぬ。
偏頗で矯激な思想に迷ってはならぬ。
どこまでも真面目な、人道に基く自由、博愛、幸福、正義の道を進んで呉れ」
とありました。
持ち帰った一人の後藤孝敏氏は、これは新生日本の若者たちへのメッセージと受け取ります。
日本を救うものは共産主義でも資本主義でもないのだという思いが感じられ、
かつて社会主義運動に参加した山本氏のたどり着いた境地に
深い共感を覚えたとあります。

私自身、戦争の悲惨さはわかっているつもりで、
なるべくならこういう本は避けて通りたいと思っていましたが、
一読してそれを恥じました。
人格に優れ、和漢洋の教養に通じ、真に日本のことを考えた
このような俊才をむざむざと殺してしまう戦争の愚かしさを
まだまだわかっていなかったと思いました。

戦争は、ごく一部の武器産業を潤す見返りに
一人ひとりの大事な人生を破壊します。
山本氏には出征時にまだ1歳の末の娘さんがいました。
4人の子どもを抱えて筆舌に尽くしがたい苦労をなさった奥様、
息子の帰りを待ち続けたお母様、
愚かな戦争が払う犠牲はあまりにも大きいと改めて感じました。
今こそ広く、中でも為政者に読まれるべき1冊であると思います。


スポンサーサイト

遺言

今日のおすすめは、品川正治・斎藤貴男『遺言~
「財界の良心」から反骨のジャーナリストへ』(青灯社)です。
経済同友会専務理事などを歴任し、
財界の中心で平和を求め続けた元日本火災会長の品川氏と、
ジャーナリストの斎藤氏の対談です。

品川氏は、東海村で第一号の原子炉が稼働を始め、
損害保険を日本火災で引き受けることになったとき、
「絶対安全」と言いながら保険をつける欺瞞を突き、
国策としてあくまで実行するなら国家が責任を持つべきだと反対を唱えます。

また、保険会社が金融に手を出すことにブレーキを踏み続け、
バブルで損害を受けることを防ぎました。
周囲がアクセルを踏み続ける中で、
目先でなく将来を見据えて判断した眼力をもって、
本書では政治・経済を主にさまざまな事象について語っています。

消費税増税と法人税減税がいかに愚かなことか、
TPPの本質は何か、財政危機は本当なのか、
日米安保は必要なのか、
アメリカとどのようにつきあえばよいのかなど、
本質をまったくつかめなかったことについて
多くを教えられました。

自分に近いところで言えば、政府の暴走を許し、
愚作に加担しているマスコミの罪については大変納得し、
考えさせられました。

本書で印象に残ったのが、
品川氏が中国での激戦地に兵隊として行き、瀕死の重傷を負って復員した体験を
80歳近くまで言えなかったという部分です。
戦争から戻った人が家族にも戦地でのことを話さないとは
よく聞くことですが、南方などは7割が餓死という中で、
戦友を見捨てて帰らなければならなかったことが
どんなにその人を苦しめ続けるか、
戦争の本当の残酷さを垣間見た気持ちがしました。

品川氏にはこの他、自伝のような『戦後歴程』(岩波書店)などもあり、
そこでは、復員船の中で憲法9条の草案を大尉に命じられて読み、
そこにいる全員が泣いたという記述があります。
それが品川氏の原点であり、昨年亡くなられるまで
反戦の心を持ち続け、発言し続けたそうです。

謦咳に接したかったと思いますが、
『遺言』の名のとおり、私たちがこれからすべきことを
斎藤氏とともに明確に示してくれています。
この本が今あることの幸運を思い、
一人でも多くの方に触れていただけたらと思います。



民族衣装を着なかったアイヌ

今日のおすすめは、滝口夕美『民族衣装を着なかったアイヌ』(SURE)です。
著者はアイヌの母と和人の父の間に生まれ、
アイヌコタンでみやげ物店を営む両親のもとで育ちました。

アイヌは日本による「同化政策」のせいで
独自の文化を奪われてきました。
その中で観光で身を立てるアイヌは、民族性を切り売りしているとの
侮蔑を込めた「観光アイヌ」と言われることがあるそうです。
正統なアイヌではないという思いとともに、
アイヌを売り物にしている状況で育った著者は、
アイヌであることの意味を見つけるべく、
母を初め、アイヌの女性達にインタビューを重ねます。

その中には樺太の少数民族ウイルタの女性、アイ子さんが出てきます。
アイ子さんは樺太が日本領であった当時に生まれ、戦後20年が経ってから
初めての土地である日本に「引き揚げ」ます。
ウイルタの人は日本の戦争に行かされ、国境で多くが亡くなりましたが
その骨が届けられた人はいなかったと言います。
アイ子さんの兄の源太郎さんも戦争に行きましたが恩給の支給はなく、
アイ子さんに支えられながらウイルタ民族として
日本政府に訴え続けて亡くなったそうです。

アイ子さんの学校は、先住民族政策のために日本が設けた土人教育所でした。
そこにはすでに始まっていた秘境熱により観光客が訪れ、
アイ子さんに土人はどこにいるか尋ねます。
制服のアイ子さんがそう見えなかったから聞いたことではありますが
子どもを傷つけるに十分であったその質問に、
アイ子さんは「あっちだよ」と山を指します。
そして、後でそのことを反省し、先生に告白します。

不当な扱いを受けた人がすべて力強く反抗できるはずもなく、
最後のウイルタとして、堂々と生きたアイ子さんでさえ、
さまざまな感情を持っていました。

そうした女性達の声を、著者は丁寧に記録することによって、
その言葉はすべて主体的な気持ちであることに気づきます。
そして、観光地で育った自分自信の気持ちに至ります。
ここはぜひ本書を読んでいただきたいと思います。

著者の思いとは離れますが、
やはり私は、私たちの祖先のしたことを
もう一度見つめ直さなければならないと思います。
文化も言葉も多くのものを他民族から奪うことなど
決してしてはいけないことだと。

長く苦労をしてきた女性が淡々と語る話は
作り話を超えるすごみがあり、
何度も読み返す箇所がいくつもありました。
ぜひご一読いただきたい1冊です。
ご購入は編集グループSUREに直接お申し込みいただくことになると思います。
http://www.groupsure.net/





まりーちゃんとひつじ

今日のおすすめは、『まりーちゃんとひつじ』(岩波書店)です。
ひつじの名前はぱたぽん。おもしろい響きですが、
今回フランソワーズというフランス人女性の作だったと知って納得しました。
訳しているのは与田準一という男性です。

まりーちゃんはぱたぽんがこどもをたくさん産んだらたくさん毛がとれて
いろいろなものが買えるねと言いますが、
ぱたぽんは、みどりのはらっぱにひなぎくの花があっておひさまがあるから
くつもぼうしもいらないと答えます。
小さい頃は、何も深くは考えなかったと思いますが、
今読むとぱたぽんの言うことに心からうなずけます。

この本にはもうひとつ「まりーちゃんのはる」というお話も入っていて、
今度はまでろんというあひるが登場します。
まりーちゃんとぱたぽんとまでろん、仲良く暮らしていたある日、
までろんがいなくなってしまいます。
さて、までろんがいたところは・・・
この場面では思わず笑いがこみ上げてきます。

書店はもちろん、たいていの幼稚園や図書館にはこの本があって、
これまでどれだけたくさんの子どもたちに読まれてきたことかと思います。
でも、素朴な絵とリズムのある文章は、大人も十分楽しめます。
機会があれば手にとってみてください。



エーミールと探偵たち

今日のおすすめは、エーリッヒ・ケストナー作・池田香代子訳
『エーミールと探偵たち』(岩波少年文庫)です。

おばあちゃんや叔母さんたちの住むベルリンに一人で行くことになったエーミールは、
汽車の中でお母さんから預かったお金を盗まれてしまいます。
おばあちゃんに渡すはずのお金は、
お父さんが亡くなり、美容師をしながらエーミールを育てているお母さんが
ようやく貯めた大事なお金です。

エーミールはベルリンに降り立ってから盗んだ男を見つけ、
必死で後を追ううちに協力してくれる少年たちと出会い、
少年探偵たちの大追跡が始まります。

ケストナーは『飛ぶ教室』など心に残る名作を書いていますが、
この本はともかく楽しく痛快で、少年たちが必死に知恵を出し合って
作戦を実行していく様子に目が離せなくなります。

大人も子どもも、夢中になること間違いなしの1冊です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。