スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮雲

今日のおすすめは、二葉亭四迷『浮雲』(岩波文庫)です。
主人公の青年文三は勉学に励み、役所へ就職し、
美しく教育のある下宿先の叔父の娘お勢と
果ては結婚するのではと思われる仲でした。
ところが、文三が職を失い、
文三の元同僚が恋敵となってあらわれ、
周囲の冷遇、嘲笑と状況が変化していきます。

筋だけで言えば他愛のない青春物語ですが、
よく知られているとおり、『浮雲』は
初めての言文一致の小説として有名です。

坪内逍遙に助言をもらいながら
それまでの漢文、和文での表現を乗り越えて
新文体を確立したこの小説は
時代を画するものであったことは間違いないと思います。

本書は全部で3篇でできています。
第1篇は句読点もない文章ですが、
第3篇ではほとんど今私たちが読むものと変わらない文体になっています。
では第1篇が読みにくいかと言うと、
決してそうではありません。
リズムがあって広汎な語彙から編まれることばの数々に
引き込まれながら先へ先へと読み進めることができます。
言文一致はすばらしい発明であったけれど
その前に漢文の教養があってこれだけの文章が書かれていることは
否定できません。

ところで、印象に残った場面が第3篇に出てきます。
文三の失職でお勢やその母の心が変わってしまった様子を悔やみ、
「以前のような和らいだ所もなければ、沈着(おちつ)いた所もなく」
「以前人々の心を一致さした同情もなければ、私心の赤を洗った愛念もなく」、
皆自分勝手にふるまっていることを嘆くのです。

解説の中村光夫は、二葉亭を、その生涯を通じて倫理の問題に苦しんだ作家であるとし、
『浮雲』に意図したものは、単に世相の描写でなく、
「日本文明の裏面」に対する批判であったと書いています。

明治になって世の中が激変し、人の心が変わっていくことを
この時代の文学者が危機的な気持ちを持って見ていたことがわかります。
それは今も私たちが抱えてさらに抱えきれなくなっている問題であるように思います。

作者の意図は別にしても、文章の歯切れの良さ、
ユーモアに思わず笑ってしまうところも多く、とても楽しめます。
一読をぜひおすすめしたい1冊です。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

今日のおすすめは、加藤陽子著『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)です。
日本近現代史を専門とする著者が高校生にした講義をもとに
日清・日露戦争から太平洋戦争まで、とてもわかりやすく書かれています。

著者は、歴史家アーネスト・メイのことばを参照しながら
「重要な決定を下す際に、結果的に正しい決定を下せる可能性が高い人というのは、
広範囲の過去の出来事が、真実に近い解釈に関連づけられて、より多く頭に入っている人」
と、政策形成者のあるべき姿について述べます。
研究者としての著者も、偏ることなく当事者それぞれの立場に立って考え、
現時点でわかっている事実を教えてくれています。

この本によって、日清戦争は、日本と中国が競い合う物語として見ることができること、
そうした状況の中で福沢諭吉が危機感を持って「脱亜論」を書かなければならなかった理由が
よくわかりました。

日清・日露戦争を通して大国に大使館の置ける国となった日本でも、
それほど積極的でなかった日露戦争を戦わなければならなかった理由は、
韓国問題が重要なのだとロシアにも他の列強にも理解させることばが
足りなかったことにあると知りました。

そして、満州事変、日中戦争、太平洋戦争と常に陸軍の暴走があり、
それを止めようとする努力もまた軍の暴挙によってかき消され
国際社会で孤立していく様子は愚かしく、正視に堪えませんが、
このことを絶対に忘れてはならないと思わせます。

印象的だったのは、蒋介石が駐米大使に抜擢した胡適という人物について
著者が語っている部分でした。
胡適は中国と日本の戦いにアメリカやソ連を巻き込むために、
日本との戦争を苦戦しても負け続けることを主張します。
そんな覚悟のある為政者が日本にいるだろうかと著者は言います。
そして、「日本のように軍の課長級の若手の人が考えた作戦計画が
これも若手の各省庁の課長級の人々との会議で形式が整えられ、
ひょいと閣議にかけられて、そこではあまり実質的な議論もなく、
御前会議でも形式的な問答で終わる」日本と比較して、
中国には「政治」があると言います。
胡適の主張は、結果としてその通りになりました。

太平洋戦争での捕虜の死亡率でわかった日本軍の捕虜の扱いのひどさ、
ニューギニア戦線では戦死者ではなく、餓死者がほとんどであったこと、
国民の食糧を最も軽視した国の一つであったこと、
あらためて人を人とも思わぬ暴挙であると思わずにいられませんが、
著者が最後に書いているように、
戦争責任を問いたいと思う姿勢と、自分が当時生きていたとしたら
と想像してみる姿勢をともに持ち続けることが大事なのだと思いました。

歴史に学ぶ必要を痛感する1冊です。

ジャン・クリストフ

今日のおすすめはロマン・ローラン作・豊島与志雄訳『ジャン・クリストフ』(岩波文庫)です。
主人公は音楽家(作曲家)ジャン・クリストフ。その生涯を描いた長編小説です。

ドイツ人ジャン・クリストフは、幼い頃から音楽の才能をあらわしますが、
それを当てにして父が放蕩を続けたため
14歳から音楽家として一家を支えることになります。

クリストフは、祖国の音楽界の偽善と闘い、
ある事件がきっかけとなって移り住んだフランスでも
すぐに評価を受けることはなく、
不遇の時代が続きます。

この間にいくつもの恋愛や友との出会いがありますが、
中でも魅力ある人物の一人が、母の兄である伯父のゴットフリートです。
貧しい行商人のゴットフリートを、クリストフ家の人たちは
馬鹿にしたりからかったりしますが、少しも怒らずに笑っていました。
そして、幼くして音楽の才能が認められたクリストフが得意になっていたとき、
「歌をこしらえるには、あのとおりでなけりゃいけない」と言って
風が木の枝をそよがす音、鳥や蛙や虫の鳴く音を聞かせます。
このとき、クリストフは叔父さんを笑ったことを心から詫びます。

クリストフの音楽が認められるようになるには時間がかかりますが、
幾多の苦難に遭いながら、
そのたびごとに音楽が天才の内から流れ出し、復活を遂げるのでした。

ロマン・ロランはベートーヴェンを心から愛し、
クリストフにも少なからずその姿が投影しているようです。
そのべートーヴェンを描いた『ベートーヴェンの生涯』(岩波文庫)の中で
ロマン・ロランはベートーヴェンについて次のように書いています。
--彼は自分の生活にただ二つの目的を決定している。
  それは「聖なる芸術への」献身と、他人を幸福にするための行いとである

饒舌なフランス人の、しかも音楽史家の著者の手で書かれた本は
たくさんの音楽家、詩人の名が出てきて
読むのに簡単な本ではありませんが、
それでも、もし機会があればぜひ最初の1冊だけでも開いてみてください。
不屈の精神で苦難と闘い、最後まで誠実さを貫いたクリストフの生涯は
必ず生きる勇気をもたらすものと思います。

ウォーターシップ・ダウンのウサギたち

今日のおすすめは、リチャード・アダムス著
『ウォーターシップ・ダウンのウサギたち』(評論社)です。
1975年に翻訳をした神宮輝夫さんが30年の時を経て新訳をしています。

物語は11匹の若い雄ウサギが、危険を察知した仲間の言葉を信じ、
生まれ育った場所から逃れるところから始まります。

未知の危険に幾度も遭遇しながら、
そのたびにウサギたちは体力と智恵を使い
平和に暮らせる土地を探して冒険を続けます。

私はこの本を、稀代の本読みの友人が小さい頃に読んだ本として
大人になってから教えてもらいました。
子どもの頃に読んでいたらもっとドキドキしながら読んだと思いますが、
大人でも十分に楽しめます。

作者は娘二人にせがまれてこのお話をつくったそうで、
彼女たちを楽しませるためだけの物語で、寓話ではないそうですが、
大人が読むと作者の意に反して
自分達の世の中にあてはめてしまえる部分が多く出てきます。

例えば、あてがわれた“豊かな暮らし”の裏にひそむ危険、
“強い指導者”のもとで起きる悲劇。
しかし、ウサギたちはそれらを「おかしい」と感じ、
自分達の力で乗り越えていきます。

印象に残る場面はたくさんありましたが、
私は最後のところがとても好きです。
もし機会があればぜひお読みになってみてください。

またウサギたちに会いたければ
いつでもこの本を開けばいいのだと思うと、
ちょっとうれしくなるような本です。

仏果を得ず

今日のおすすめは、三浦しをん『仏果を得ず』(双葉文庫)です。
文楽の舞台は人形遣いと義太夫を語る太夫、三味線でできていますが、
ここでの主人公は若き太夫、健です。

文楽には、わずかな金を手に入れるために人殺しをするなど、
どうしようもない人が出てきます。
しかし、どうしようもないからと言って
そういう人間の語りをしなければならない太夫が
まったく共感できないままでは観客に伝わる義太夫にはなりません。
若い健はそれができずに悩みますが、
さまざまな経験から登場人物の心情を理解し、
芸の上でも人間としても成長していきます。

著者の三浦しをんさんは小説もエッセイもどれもとてもうまくて、
読む者を楽しませずにはいられない作家です。
本書は物語ももちろん面白いのですが、もうひとつ楽しみがあります。
それは主人公の健が作品を理解していく過程で
当代の人気作家三浦しをんが
江戸時代の人気戯作者の意図を読み解いていくのを見る楽しみです。

真っ当に生きられない人の心をこんな風に理解できる人は
あまりいないのではないかと思います。

文楽にはまって10年の著者が文楽への愛を込めて書いた本書を読めば
きっと実際に見てみたくなると思いますが、
そんな方には『あやつられ文楽鑑賞』(双葉文庫)というエッセイも
おすすめです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。